LOG IN

なぜ「シーサイド」を始めたのか?

by 永井孝

こんにちは。 永井です。

おかげさまで少しづつ、クライアント様との取引件数も増えてきて嬉しい限りです。

ただ「法人じゃないとね...」とか「シーサイドだから海の近くなんでしょ?」なんて言われて、よく孤独を感じています笑

自分のブログに「記事」を書く労力は今の所割けない状況で、書かなきゃいけない。さて何を...。という事で、今日は聞かれる事が増えてきた、

なぜ「シーサイド」を始めたのか。です。

自分は、元々、広告代理店のプランナーとして働いていました。

WEBが流行ってきた時でしたが、まだまだ売上構成の花というと、CMや新聞広告、などでした。

売り上げこそ悪くなかったですが、別部署を見渡せば、

「クライアントにこれだけ予算を使わせた」

「これだけ広告枠埋めてきた」とか

そんな感じの話ばかりでした。

ビジネスなので、会社の為に利益を確保しなければいけない。

でも、これがクライアント様にとって良い広告費の使い方になっていない。

という事にとても違和感を感じながら、トッププランナー目指しプランニングをしていました。

怒鳴られ、企画書叩きつけられ、灰皿投げられ、洗脳され(笑)病気にもなりました。

もちろん午前様も当たり前でしたし、今思えばよくやっていたと思います。

なんとかやってられたのは、「かっこいい上司」「面倒見の良い先輩」達が

助けてくれたからなのかな?と思っています。

その後、部署は解体されてしまいました。当時の上司、先輩も今はいません。

退職し、店舗や事業の責任者など様々な経験を積んできましたが、やっぱり、自分のやりたい事は「クライアント様に儲けて頂き、成果を共有することだ」と思いは強くなっていっていきました。俺にはそれしかないな。と。

性に合ってたというのもあるかも知れません。

幸い、組織という形態を取らずに出来る事が多かったので「やりたいようにやっちまえ。」

「なんちゃってなクライアント様の為のではなく、マジでクライアント様の為になるタメ」

当面、自分一人でやるなら、このやりたい事はとりあえずクリアできるんじゃないか。と。

という事で、C-SIDE PROMOTION を始めました。

C-SIDEの「C」は「client」「customer」から取っています。海の側ではありません。

これは「クライアント様と共に、常にクライアント様の立場で一緒に」という思いからです。

「俺たちはクライアント様と一緒に成果を出すのが仕事で誇りだ。周りを気にせずそれを貫こう」と、先輩に言われた事が、今でも自分の「核」になっています。

成果の出し方は、常に変わります。変化の早いマーケットです。ただし変わらないもの、変わりにくいものもあります。

シーサイドは、常にセールス、事業展開の現場最前線でアナログ、デジタルの新旧を知り、結果を出しており、クライアント様に成果を提供できる事が強みです。

状況変われば、自社媒体も作るかも知れません。そうなった時も、クライアント様の成果を創出できる媒体しか作るつもりはありませんが、この思いだけは常に持ち続け、今後も活動していこうと思っております。

いいね!と思った方は、ご相談ください。良い成果を共有させて頂く事ができると思います。

今後ともシーサイドを宜しくお願い致します。

※シーサイドは「株式会社シーサイド」として2018年9月法人化。皆様のおかげで 2019年12月時点で、2期目の中順調に活動をさせていただいております。今後とも宜しくお願い致します。

株式会社シーサイド

https://www.c-sidepro.com/

永井

OTHER SNAPS